予防接種

予防接種について

予防接種

動物の身の回りには寄生虫やノミ、ダニ、ウィルス等健康を及ぼす危険がたくさん潜んでいます。
ペットに元気で長生きしてもらうためには適切な予防を行うことが大切です。
ペットは大切な家族です。
予防接種、ワクチンでしっかりと病気の予防をし、家族を守りましょう。

狂犬病予防接種

狂犬病ウィルス感染症は犬だけでなく、人を含むすべての哺乳類が感染します。
1956年以降国内での犬の感染例はありませんが、今でも海外では多くの地域で発生しています。

1950年制定の狂犬病予防法により、毎年1回の狂犬病予防接種が義務付けられています。
当院では、東郷町、みよし市、豊田市、日進市、豊明市、瀬戸市、長久手市、天白区、緑区にお住まいの方は代行にて手続きが可能です。
*名古屋市の代行手続きは6月いっぱいで終了です。

混合ワクチン接種

様々なウィルスによる病気への感染を防ぐ予防接種です。
適切な予防接種でわんちゃん、ねこちゃんの命を守りましょう。

犬の混合ワクチン接種

●6種混合ワクチン
(コロナウィルス、伝染性肝炎、パラインフルエンザ、ジステンパー、伝染性喉頭気管炎、パルボウィルス)
※子犬の場合は生後2~4か月の間に3回の接種します。以降は年1回接種します。

猫の混合ワクチン接種

●3種混合ワクチン
(ウィルス性鼻気管炎、カリシウィルス、パルボウィルス)

●5種混合ワクチン
(上記+猫クラミジア、猫白血病ウィルス)
※子猫の場合は生後2~4か月の間に2回の接種を行います。以降は年1回接種します。

●猫免疫不全ウィルスワクチン(FIVまたは猫エイズと呼ばれています)
※生後2か月齢以上の仔猫に接種します。
初年度は3回接種し、その次の年からは年1回接種をします。

フィラリア予防

わんちゃん、ねこちゃんの心臓に寄生する体長10-20㎝程度の寄生虫です。
フィラリアの感染幼虫を持った蚊に刺されると体内で成長し、成虫となり心臓に住み着きます。
心臓や肺に負担がかかり、咳などの原因になります。ねこちゃんの場合は少数感染でも突然死の原因になります。
5~12月の間きちんと予防しましょう。
当院では通年予防をおすすめしています。
わんちゃんは毎月食べるおやつタイプ、錠剤タイプ、スポットタイプのものに加え年1回注射するタイプもあります。
ねこちゃんにはスポットタイプをおすすめしています。

ノミダニ予防

ノミはかゆみや皮膚炎を引き起こし、大量に感染すると貧血の原因にもなります。
人には寄生しませんが、かゆみや皮膚炎になることがあります。
マダニは皮膚のトラブルだけではなく、近年問題視されているSFTSなどのマダニ媒介性疾患の原因になると言われています。
当院では1ヶ月に1回の錠剤タイプとスポットタイプをご用意しております。
定期的な予防を心掛けましょう。

ご予約・お申し込み・ご相談

お気軽にご連絡ください

tel:052-800-2600

お問い合わせ メールの方はこちらをクリック

アクセス

access_logo.fw.png

家庭動物診療部門 9:00~15:00 予約優先 
総合診療科・予防医療
東洋獣医療科( 漢方・鍼・灸 )
ペットケア部門
J ケアハウスベッツ
9:00~18:00
美容・ペットホテル・しつけ教室
老犬猫ホーム デイケア
ショートステイ・訪問介護・リハビリ
アニマルセラピー部門
NPO CANBE
(キャンビー)
子どものための動物と自然の絆教育研究会
事務局

access_tel.png

〒470-0162 愛知県愛知郡東郷町春木音貝107

 

  • bn_facebook.jpg